すぐに太りたいなら間食がおススメ!効果がある間食で太る方法を解説

太りたい 間食 おすすめ

太りたいけど太ることができない痩せ型の人。1度にたくさん食べなければ太ることができないと思っていませんか?

しかし、1度にたくさん食べられない痩せ型の人でも太る方法があります。それが朝・昼・夜の食事のほかに間食を取ること。

正しい知識を持って間食を取ることで今まで太れなかった人でも太ることができます。

そこで今回は太りたい人に向け、間食について下記の内容をまとめました。

間食について正しく理解することで無理なく健康的に太ることができます。

太りたいけど太れなかった人は記事内容を参考に間食を取ってみてください。

太りたい人が間食で太る方法その1:間食って何で必要なの?

1度にたくさん食べられない痩せ型の人が朝・昼・夜の3食の食事量を増やすのは現実的ではありません。無理なく太りたいのであれば間食を取るのがおすすめです。

太りたい時に間食をおすすめするのは下記2つの理由から。

  • 摂取カロリーを増やす
  • カタボリックを予防する

2つの理由それぞれについて、間食とカロリーの関係性やカタボリックの意味といった内容を踏まえて解説していきます。

間食を勧める理由①:一日の摂取カロリーを増やすことができるため

間食をおすすめする理由の1つが摂取カロリーを増やすため

食事で摂取したカロリー「摂取カロリー」と活動時に消費するカロリー「消費カロリー」は太ることを考える上で欠かせない要素です。

食事で得た摂取カロリーがそのまま脂肪になることはありません。活動に必要な分はエネルギーとなり、消費カロリーとして使用されます。活動後に余ったカロリーが脂肪として吸収されるのです。

摂取カロリーと消費カロリーの関係性をまとめると以下の3つのうちのいずれかになります。

  • 摂取カロリーより消費カロリーが多ければ痩せる
  • 摂取カロリーと消費カロリーが同等なら現状維持
  • 消費カロリーより摂取カロリーが多ければ太る

太りたい人は消費カロリーよりも摂取カロリーを多くすることが必要です。しかし、1度にたくさん食べられない人が朝・昼・夜の3食で摂取カロリーを増やすのは難しいもの。

そこで食事の合間に間食を取り入れることで無理なく摂取カロリーを増やすことができます。

1日の摂取カロリーの目安は成人男性が2300~2500kcal、成人女性が1800~2000kcalです。活動量や体質など個人差はありますが、太りたい人は目安以上のカロリーを摂取することをおすすめします。

間食を勧める理由②:カタボリックを防ぐため

間食をおすすめするもう1つの理由はカタボリックを予防するため

そもそもカタボリックとはなんでしょうか?

カタボリックとは
カタボリックとは体内のたんぱく質が分解され、活動のためのエネルギーとなっている状態を指します。

筋肉もたんぱく質で構成されているため、カタボリックになると活動に必要なエネルギーへと変換されることも。筋肉が分解され、エネルギーとして消費されてしまうので太ることが難しくなります。

カタボリックは空腹時に起きやすいもの。空腹時に運動してもたんぱく質がエネルギーになってしまうため筋肉になりにくく、思うように筋肉が増えず太ることができません。

運動前に間食を取って空腹状態を避けることでカタボリックを予防することができます。筋肉を増やして太りたいのであれば間食を取ってから運動するのがおすすめです。

太りたい人が間食で太る方法その2:間食のタイミングと正しい知識

摂取カロリーを増やせたり、カタボリックを予防できたりする間食。

太りたい人は間食を取るのがおすすめですが、やみくもに間食を取ればいいというわけではありません。

注意
間違ったタイミングや知識で間食を取ると不健康な状態で太ることになり、体を壊したり、病気になったりする可能性があります。

無理なく健康的に太るために、正しい間食のタイミングや知識を理解しましょう。

間食を取ったせいで満腹になり食事ができなくなると摂取カロリーを増やすことができず、間食を取る本来の目的を達成できなくなります。間食は食事に影響しない下記2つのタイミングで取ることをおすすめします。

  • 夕食の2~3時間前

    夕食ギリギリで間食を取ってしまうと満腹感から夕食を食べられなくなることがあります。間食が消化されることを見越し、間食のタイミングは夕食の2?3時間前がおすすめです。

  • 夕食後

    夕食後、満腹感が薄れたタイミングで間食を取るのもおすすめ。
    就寝前に間食を取ってしまうと消化不良を起こし、胃もたれなど翌日の体調に影響する可能性があります。夕食後に間食を取る場合、就寝の2~3時間前には間食を終えるようにしましょう。

間食のタイミングも大事ですが、どんなものを間食にするのかも重要なポイント。

下記3つが太りたい人におすすめの間食の条件です。

太りたいのであれば炭水化物や糖質、たんぱく質といった栄養が含まれているものをおすすめします。それ以外にビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養が含まれているかも注目しておきましょう。

間食の条件
  • 高カロリー
  • 栄養が豊富に含まれている
  • 消化吸収されやすい

間食におすすめの食べ物や飲み物は後述しますが、なるべく条件を満たしているものを間食として取り入れることをおすすめします。

間食でおすすめ出来る食べ物はこちら!

間食をおすすめする理由や正しいタイミング、おすすめの間食の条件について解説してきました。

健康的に太りたい女子

じゃあ、具体的にどんな食べ物が間食に向いているの?

おすすめの間食の条件を満たし、太りたい人の間食としておすすめできるのは以下の食べ物です。

健康的に太りたいなら間食は果物!特にバナナが最強!

健康的に太りたいのであれば果物を間食にするのがおすすめです。果物の中でも特に間食としておすすめしたいのがバナナ

バナナを間食としておすすめするのは5つの理由があります。間食に何を食べるか迷ったらバナナを選んでおけば間違いありません。

①バナナは意外とカロリーがある

バナナは100g当たり約90kcalと意外とカロリーのある果物です。

前述したように太りたいのであれば消費カロリーよりも摂取カロリーを多くしなければなりません。摂取カロリーを増やすためにもカロリーの多いバナナが間食としておすすめです。

また、バナナには糖質が豊富に含まれているのもポイント。活動のエネルギー源となるグリコーゲンは糖質から生成される物質です。

余ったエネルギーが脂肪として吸収されるため、糖質を多く含んでいるバナナを間食として取ることをおすすめします。

厚生労働省と農林水産省が公表している『食事バランスガイド』では1日当たり200gを目安に果物を摂取することを推奨。間食として取るのであればバナナ200g、約180kcalを1つの指標にしても良いでしょう。

参考:【食事バランスガイド】農林水産省

②バナナは食物繊維、酵素が豊富

バナナは炭水化物や糖質は果物の中でもトップクラスの量を含んでいます。

ビタミンやミネラル、食物繊維、酵素といった栄養も豊富に含まれており、健康的に太りたい人の間食としておすすめです。

③バナナは柔らかいので消化しやすい

バナナは果物の中でも比較的やわらかいもの。やわらかい食べ物は消化吸収されやすく、胃腸に大きな負担がかかりません。

消化吸収されやすいため、間食として取っても満腹になりにくく食事に影響がないのもポイント。

消化吸収されやすく、胃腸に負担がかからないので健康的に太ることができます。

④バナナは間食に求められるすべての条件を満たしている

前述したバナナをおすすめする3つの理由は、おすすめの間食の条件を全て満たしています。

高カロリーで栄養が多く、消化吸収されやすいバナナ。太りたい人は朝・昼・夜の3食と合わせてバナナを間食として取り入れましょう。

バナナダイエットが流行したことがありますが、バナナはダイエットだけでなく太りたい時の食べ物としても最適です。

バナナに含まれる果糖は砂糖よりも脂質が少ないため、必要以上に満腹感を与えません。満腹感を与えないため、バナナを食べたから食事抜きという事態を避けることもできます。

⑤バナナは安いから継続し易い

バナナの価格が安いことも間食としておすすめする理由の1つです。

バナナは他の果物に比べて安く購入することができ、今ではコンビニでも販売されているため手軽に購入することができます。

高いものや普段食べないものを間食にしようとするとハードルが高く長続きしません。果物として定番で馴染みがあり、安く購入できるので継続するのが負担になることはないでしょう。

バナナ以外で手軽に持ち運べて高カロリーで栄養価の高い間食は何?

健康的に太りたい時の間食は果物、特にバナナをおすすめする理由を解説しました。

ただ、そんなバナナにも欠点があります。それは生ものだということ。

自宅で間食にするなら問題ありませんが、生ものは持ち運びにくく外出時の間食に適しているとは言い難いです。

外出時は手軽に持ち運べる食べ物を間食として取るのがおすすめ。下記3つの食べ物はおすすめの間食の条件を満たしている上、手軽に持ち運ぶこともできます。

ナッツ類

1つ目がナッツ類です。

ナッツ類はカロリーが高く、炭水化物・たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維など栄養も豊富。保存期間が長いため、大量に購入しておいても無駄になることがありません。

ナッツ類の中には個包装状態で販売されているものもあり、食べたい分だけ手軽に持ち運ぶことができます。

ナッツ類を間食として取る時はできるだけ味付けなど加工がされていないものがおすすめ。加工されているものだと栄養が失われている可能性があり、健康的に摂取カロリーを増やしたい間食として不向きだからです。

ナッツ類は見た目に反してカロリーが高い食べ物。食べやすい、満腹感がないからといって1度に大量に食べると肌荒れを起こす可能性があります。

間食として取る時は食べる量に注意しましょう。

チョコレート

2つ目はチョコレート。

チョコレートの原料であるカカオ豆には食物繊維のほか、カルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄といったミネラルが豊富に含まれています。また、カカオ豆のみに含まれているカカオポリフェノールという成分は健康に効果があります。

高血圧・冷え性・血栓の予防効果や脳の活性化といった効果を期待することができ、健康的に太りたい時の間食としておすすめです。

チョコレートもナッツ類と同様に加工が少ないものを選ぶようにしますしょう。ミルクチョコレートやホワイトチョコレートなど砂糖が多いものを間食として取り続けると病気のリスクが高くなります。

間食では甘めのチョコレートではなく、カカオ含有量が70%以上のビターチョコレートをおすすめします。

プロテイン

3つ目はプロテイン。

プロテインと聞くと運動後にたんぱく質を補給するために摂取するイメージですが、太りたい時の間食としても最適です。

体を大きくするために開発されたプロテインはたんぱく質・ビタミン・ミネラルといった栄養を豊富に含んでいます。

プロテインドリンクやプロテインバーなど様々な形態で販売されているので、自分の好みに合ったものを間食として取り入れましょう。

健康的に太るのに “甘いお菓子” はおすすめしない

間食と聞くと甘いお菓子をイメージしやすいもの。確かに添加物の多い甘いお菓子はカロリーが高く、間食に取り入れることで簡単に摂取カロリーを増やすことができます。

しかし、いくら摂取カロリーを増やしやすく太りやすいからといって、甘いお菓子を間食に取るのは健康的とは言えずおすすめしません。

甘いお菓子は脂肪になりやすい

甘いお菓子はカロリーが高く、摂取カロリーが増加するため脂肪として吸収されやすいもの。ただ太るだけなら甘いお菓子を間食にするのが1番簡単な方法でしょう。

しかし、甘いお菓子に含まれる添加物は健康に良いとは言えず、間食として取り続けると糖尿病・高血圧・脂肪異常などの病気になる可能性があります。

甘いお菓子だけでなく、スナック菓子やインスタント食品など添加物が多い食べ物も健康的に太るための間食としては不向きです。

間食でおすすめ出来る飲み物はこちら!

前述したように間食としておすすめの食べ物はバナナ・ナッツ類・チョコレート・プロテインの4つ。この4つを間食に取るのもおすすめですが、外出していて時間がない場合などは飲み物の方が手軽です。

健康的に太りたい場合に間食としておすすめできる飲み物は下記の通りとなります。

甘い飲み物は太りたい人は積極的に摂りたい!

間食におすすめなのは甘い飲み物。ただ、食べ物と同様に甘い飲み物であれば何でも良いというわけではありません。

健康的に太るために、甘くて体に良い下記2つの飲み物を間食に取り入れることをおすすめします。

甘酒

甘酒は飲む点滴と呼ばれるほど栄養価が高く健康的な飲み物。

ビタミン・アミノ酸・ブドウ糖といった栄養が豊富で疲労回復効果も期待できます。ブドウ糖は糖質の中でも特に吸収されやすく、摂取カロリーを効率的に増やすことができる栄養です。

牛乳

甘酒の独特な匂いや味わいが苦手な人におすすめなのが牛乳です。

牛乳はカルシウム・炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミンなど栄養が豊富。カルシウムやビタミンが消化吸収を手助けしてくれます。

炭水化物や脂質は脂肪として吸収され、たんぱく質は筋肉を作るなどそれぞれの栄養に役割があるのがポイント。

前述した間食におすすめのバナナと牛乳を混ぜ合わせ、バナナシェイクにするとより摂取カロリーを増やすことができます。

バナナ以外にもチョコレートやプロテインを溶かすなど、甘酒よりも摂取カロリーを増やすアレンジをしやすいのが牛乳の強みです。

間食にプロテインやプルエルなどのサプリもおすすめ!

健康的に太りたい時の間食としておすすめできる食べ物や飲み物を紹介してきました。それ以外にもプロテインやプルエルといった製品も間食におすすめです。

前述したように豊富な栄養を含んでいるプロテイン。

プロテインにはソイプロテインホエイプロテインの2種類があり、ソイプロテインは大豆由来、ホエイプロテインは乳由来です。

ホエイプロテインはソイプロテインに比べて糖質が多く、体を大きくする効果が期待しやすいため、太りたいのであれば乳由来のホエイプロテインの摂取を心がけるようにしましょう。

粉末状のプロテインは水か牛乳に溶かして摂取するものですが、太りたいのであれば少しでも摂取カロリーを増やすために牛乳に溶かすことをおすすめします。

プルエルは痩せ型の人が太れない原因を研究した結果をもとに開発された製品です。

摂取カロリーが少ないことも太れない原因の1つですが、栄養の吸収率が悪いのも太れない原因の1つ。

プルエルは栄養の吸収率に着目しており、吸収されやすいようにたんぱく質や炭水化物といった栄養をを微細化して配合。乳酸菌など吸収を手助けする栄養も含まれており、これまで太れなかった痩せ型の人でも太れるように仕上がっています。

管理栄養士・薬剤師・介護福祉士・精神保健福祉士・看護師で構成された医療チームが開発を監修しており、健康面にも配慮しているため安心して摂取することができます。

満腹感を与えないような工夫もされているため間食におすすめできるほか、朝・昼・夜の食事中の飲み物として取り入れるのも効果的です。


おすすめの太るためのサプリ3選

  • 太りたい。そんな悩みに【プルエル】

    プルエル

    プルエルは太りたいと悩む人に向けて食事から効率よく吸収することを目指し開発されたサプリメントです。7つの消化酵素や7つの漢方配合し理想的な体作りをバックアップ。更に無添加、国産工場製造で徹底した品質管理されているので安心です。

    評価

    ※定期便限定:20%OFF・送料無料 ※定期便の購入でも継続回数の縛りが無いので安心

  • 太活用サプリメント【ドクター・フトレマックス】

    ドクター・フトレマックス

    専門医療チームが監修した太活用サプリメント【ドクター・フトレマックス】は、有害物質・重金属検査(オプションとなる水銀・PCBまでも検査)、残留農薬260種検査、放射能汚染検査、すべてクリアした安全で信頼できるサプリです。スパイシーなココア味で牛乳で割って飲むだけの手軽さに加え、1回分を個包装しているのでサッと使えて続けやすいのが特徴。太活に役立つ栄養素を最適なバランスで配合されたサプリです。

    評価

    ※自動お届けコース限定:毎回4120円OFF・送料ずっと無料・30日間返金保証付き

  • 太りたくてお悩みのあなたへ。太るサプリ【プッチェ~Pucche~】

    プッチェ

    太りたくてお悩みのあなたへ。太るサプリ【プッチェ~Pucche~】は、栄養成分の消化吸収をサポートし健康的な体型に導くためのサプリメントです。母乳や牛乳にも含まれている天然の健康油を配合し、効率よく脂質を吸収することでもっちり体型を目指せます。「お洒落女子コース」「痩せすぎ体型卒業コース」「4か月集中ケアコース」とあなたにあった太り方が選択できます。

    評価

    ※定期コース限定:最大50%OFF・送料無料・180日間返金保証付き

まとめ:太りたいなら食べる。食事を改善してカロリー摂取を増やす

太りたくても太れない人に効果的な間食について解説してきましたが、今回の記事内容をまとめると下記の通りとなります。

まとめ
  • 間食は摂取カロリーを増やし、カタボリックを予防する
  • 間食のタイミングは夕食の2・3時間前か夕食後
  • 高カロリーで栄養が多く、消化吸収されやすいものが間食におすすめ
  • 間食におすすめの食べ物はバナナ、ナッツ類、チョコレート、プロテイン
  • 甘いお菓子は病気のリスクがあり間食には不向き
  • 間食におすすめの飲み物は甘酒と牛乳
  • プロテインやプルエルなどのサプリも間食におすすめ

1度にたくさん食べられない痩せ型の人でも、間食を取ることで無理なく太ることができます。太りたい人におすすめの食べ物や飲み物は手軽に購入できるものばかり。

ダイエットと異なり、食事回数や摂取カロリーを増やすだけなのでストレスになることも少ないでしょう。

正しい知識を持って間食を取らないと不健康な太り方をしたり、病気になったりします。健康的に太るために今回の内容を参考に間食を取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です